読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OpenManageの設定(RHEL6系)

CentOS RAID

インストール

事前に必要パッケージをインストールしておきます。

yum install libcmpiCppImpl0.x86_64 openwsman-server sblim-sfcb sblim-sfcc libwsman1.x86_64  libwsman-devel.x86_64 openwsman-client libxslt libxslt-devel.x86_64


OpenManageのソフトウェアのダウンロード
wget http://ftp.dell.com/sysman/OM-SrvAdmin-Dell-Web-LX-6.5.0-2247.RHEL6.x86_64_A01.5.tar.gz
tar zxvf OM-SrvAdmin-Dell-Web-LX-6.5.0-2247.RHEL6.x86_64_A01.5.tar.gz

※バージョンは検証当時最新版だったもの

CentOSで実行する為の設定

Redhat用なのでCentOSで実行しようとしてもそのままだと動きません。
./setup.shを実行する前に/etc/redhat-releaseSantiagoを加えます。

こんな感じ
CentOS release 6.2 (Final Santiago)
※最後尾にそのまま追記でもOK

RHEL 3 Taroon
RHEL 4 Nahant
RHEL 5 Tikanga
RHEL 6 Santiago

6系以外の文言は上記の通りです。

実行

準備が完了したら実行します。

chmod +x ./setup.sh
./setup.sh


##############################################

  Server Administrator Custom Install Utility

##############################################

  Selected Options
   - Server Administrator Web Server
   - Server Instrumentation
   - Storage Management

  Dependencies

  Components for Server Administrator Managed Node Software:

  Installed Components:

  Add Components
    [x] 1. Server Administrator Web Server
    [x] 2. Server Instrumentation
    [x] 3. Storage Management
    [ ] 4. Remote Enablement
    [ ] 5. All

  Enter the number to select a component from the above list.
  Enter c to copy selected components to destination folder.
  Enter i to install the selected components.
  Enter r to reset selection and start over.
  Enter q to quit.

  Enter : 

1,2,3を選択します。
その後、iを入力しエンター。


インストール後、以下デーモンが自動起動します。

Starting dell_rbu:                                         [  OK  ]
Starting ipmi driver:                                      [  OK  ]
Starting Systems Management Data Engine:
Starting dsm_sa_datamgrd:                                  [  OK  ]
Starting dsm_sa_eventmgrd:                                 [  OK  ]
Starting DSM SA Shared Services:                           [  OK  ]
Starting DSM SA Connection Service:                        [  OK  ]


もし、上記でデーモンを起動出来なかった場合(yを押さなかった場合)

この場合手動で起動する必要があります。
しかし、起動させたとしてもWEB管理画面で正しく表示されない時があります。
ストレージ部分とか。

その場合はldconfigの後、以下のコマンドを打つとOK

/sbin/ldconfig
/opt/dell/srvadmin/sbin/srvadmin-services.sh start


chkconfigで自動起動設定もしておきます。

/sbin/chkconfig dsm_sa_ipmi on
/sbin/chkconfig dsm_om_connsvc on
/sbin/chkconfig dsm_om_shrsvc on


WEB管理画面

https://example.com:1311
でアクセスが可能になっているはずです。
※httpsであることに注意


ログイン時のユーザ名とパスワード

ユーザ名 root
パスワード Linuxのrootユーザのパスワード