fluent-catでテスト

概要

td-agentでログが転送されるか確認したい場合のfluent-catコマンドを使うことで確認することが出来ます。

インストール

fluent-catコマンドはtd-agentをインストールすると使用することが出来ます。

実行

echo '{"foo":"bar"}' | /opt/td-agent/embedded/bin/fluent-cat hoge.fuga

上記のようにJson形式のログをパイプで渡し、
hoge.fugaとタグの指定を行うことが出来ます。

NFSのマウントディレクトリがアンマウント出来ない場合

umountコマンドでdevice is busyとなった場合

fuser -muv /nfs

でPIDが分かるのでkillすればOK

マウント中にNFSサーバーの接続不具合等でエラーになった場合

dfで見ても以下の表示になってしまう。

df: `/nfs/': Stale NFS file handle

該当ディレクトリをumountしようとしても以下のようなエラーが出てumount出来ない。

Cannot stat /nfs/: Stale NFS file handle
Cannot stat /nfs/: Stale NFS file handle
Cannot stat /nfs/: Stale NFS file handle
Cannot stat file /proc/1063/fd/11: Stale NFS file handle
Cannot stat file /proc/1962/fd/11: Stale NFS file handle
Cannot stat file /proc/2036/fd/11: Stale NFS file handle

以下で強制umountが出来る。

umount -l /nfs