Ubuntuでsarコマンドを使えるようにする

概要

$ sar
Cannot open /var/log/sysstat/sa07: No such file or directory
Please check if data collecting is enabled
$

こういったメッセージが表示されてしまう。

対処法

/etc/default/sysstat

を以下のように書き換える。

ENABLED="false"

ENABLED="true"

あとはデフォルトで10分間隔で記録されるようになる。

この10分間隔は
/etc/cron.d/sysstatで以下の内容で設定されている。

# The first element of the path is a directory where the debian-sa1
# script is located
PATH=/usr/lib/sysstat:/usr/sbin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin

# Activity reports every 10 minutes everyday
5-55/10 * * * * root command -v debian-sa1 > /dev/null && debian-sa1 1 1

# Additional run at 23:59 to rotate the statistics file
59 23 * * * root command -v debian-sa1 > /dev/null && debian-sa1 60 2

PostgreSQLレプリケーションのマスター/スレーブ確認

概要

PostgreSQLレプリケーションを組んでいるときマスター/スレーブを確認する方法

以下のSQLで判断可能

SELECT pg_is_in_recovery();


マスターの場合

postgres=# SELECT pg_is_in_recovery();
 pg_is_in_recovery
-------------------
 f
(1 row)

postgres=#

fが返る。

スレーブの場合

postgres=# SELECT pg_is_in_recovery();
 pg_is_in_recovery
-------------------
 t
(1 row)

postgres=#

tが返る。