読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redisのログレベルをオンラインで変更する

Redis

概要

Redis稼働中に設定ファイルの書き換え&デーモンの再起動をすることなくログレベルを変更して詳細ログを吐き出す手順です。

現在のログレベル設定を確認

redis-cliで以下を実行することで設定を確認出来ます。

CONFIG GET loglevel


表示例
[tsunokawa@test ~]$ redis-cli 
127.0.0.1:6379> CONFIG GET loglevel
1) "loglevel"
2) "warning"
127.0.0.1:6379> 

現在ログレベルがwarningになっていることが確認出来ます。

ログレベルを変更

CONFIG SETを使ってログレベルをdebugに変更します。

CONFIG SET loglevel "debug"


表示例
[tsunokawa@test ~]$ redis-cli 
127.0.0.1:6379> CONFIG SET loglevel "debug"
OK
127.0.0.1:6379>


再度ログレベルの設定を確認

127.0.0.1:6379> CONFIG GET loglevel
1) "loglevel"
2) "debug"
127.0.0.1:6379> 

ログレベルがdebugに変更になりました。
これでログファイルにdebugレベルのログが出力されます。

その他の設定

ログレベル以外にも同様の手順でオンラインで設定の変更が可能です。
以下で設定全項目名を確認することが出来ます。

CONFIG GET *


表示例
127.0.0.1:6379> CONFIG GET *
  1) "dbfilename"
  2) "dump.rdb"
  3) "requirepass"
  4) ""
  5) "masterauth"
  6) ""
  7) "unixsocket"
  8) ""
  9) "logfile"
 10) "/var/log/redis/redis.log"
 11) "pidfile"
 12) "/var/run/redis/redis.pid"
(略)