読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステータスがexitedになっているDockerコンテナのみ削除

概要

ステータスが『Exited』となっているDockerコンテナのみdocker rmする場合の方法です。

ステータスが『Exited』となっているDockerコンテナのみ表示

docker ps -a -f status=exited

または

docker ps -a -f 'exited=0'

上記でSTATUSがExitedとなっているコンテナのみ表示されます。

docker rm実行

docker rm `docker ps -a -f status=exited -q`

上記で該当のコンテナのみdocker rm可能です。