読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS7のyum自動アップデート

CentOS

概要

CentOS7のyum自動アップデート手順です。
yum-cronパッケージをインストールして設定をおこなう必要があります。

インストール

yum install yum-cron.noarch


設定

自動アップデートを有効化
/etc/yum/yum-cron.conf

以下のように編集することで自動アップデートが有効になります。

apply_updates = no

apply_updates = yes


アップデート対象を指定

デフォルトでは全てのパッケージが自動アップデート対象となっています。

#  What kind of update to use:
# default                            = yum upgrade
# security                           = yum --security upgrade
# security-severity:Critical         = yum --sec-severity=Critical upgrade
# minimal                            = yum --bugfix upgrade-minimal
# minimal-security                   = yum --security upgrade-minimal
# minimal-security-severity:Critical =  --sec-severity=Critical upgrade-minimal
update_cmd = default


セキュリティアップデートのみ行う場合は

update_cmd = default

update_cmd = security

とします。

デーモン起動、自動起動設定

systemctl start yum-cron
systemctl enable yum-cron


パッケージファイル一覧

[root@tsunokawa ~]# rpm -ql yum-cron-3.4.3-125.el7.centos.noarch
/etc/cron.daily/0yum-daily.cron
/etc/cron.hourly/0yum-hourly.cron
/etc/yum/yum-cron-hourly.conf
/etc/yum/yum-cron.conf
/usr/lib/systemd/system/yum-cron.service
/usr/sbin/yum-cron
/usr/share/doc/yum-cron-3.4.3
/usr/share/doc/yum-cron-3.4.3/COPYING
/usr/share/man/man8/yum-cron.8
[root@tsunokawa ~]#