読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイッチのコンフィグバックアップ/リストア用TFTPサーバー設定

CentOS

スイッチのコンフィグを外部サーバーにバックアップする場合、
スイッチのTFTPアップロード機能が使われたりします。

また、

  • バックアップファイルからのリストア
  • ファームウェアのアップデート

では逆にTFTPサーバーからデータをダウンロードします。


そのTFTPサーバーを設定してみたのでそのメモです。


環境
OS CentOS 6.5
TFTPサーバー tftp-server-0.49-7.el6.x86_64


TFTPサーバーのインストール

CentOSのbaseリポジトリにあるのでそのまま入ります。

yum install tftp-server.x86_64


TFTPサーバーの設定

/etc/xinetd.d/tftpを以下のように修正します。

disableをnoにして起動するようにします。

disable                 = yes

disable                 = no


コンフィグを保存するディレクトリを改めて指定し直します。

server_args             = -s /tftpboot

server_args             = -s /data -c -u root

オプションの意味
-cで他ホストからのアップロードを許可します。
-u rootでrootユーザーで動作出来るようになります。

ログの出し方

正常に動作しなかった場合、ログ出力オプションを付けることでデバッグ出来ます。
/etc/xinetd.d/tftp

server_args             = -s /data -c -u root


-vvを付けます。

server_args             = -s /data -c -u root -vv

これで/var/log/messagesにログが出力されます。


PXEブートの為、幾度となくTFTPサーバーを触っていたのですが、
ファイルのアップロード設定は初でした。