読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RAIDカード(3ware)がエラーを出してOS起動しなくなったのでファームウェアアップグレードを試した

RAID

3ware 9650SE-12MLを載せている環境で、以下のエラーメッセージを出したままOSが起動しなくなりました。。。

Waiting for 3ware Controller to Initialize... There is no response from the firmware.


RAIDカードメーカーのLSI(3ware)に問い合わせたところ、ファームウェアのアップデートをすれば治るという回答をもらったのでやってみました。

ファームウェアのアップグレードは3wareの管理画面の3dm2からやるもんだと思っていましたが、今回はそもそもOSが起動しないのでBIOS画面から行う必要がありました。


試してみた結果、メーカーの回答通りファームウェアのアップグレードでOSがちゃんと起動するようになりました。

流れ

  1. DOSブート用USBメモリ作成して
  2. ファームウェアをダウンロードしてUSBメモリに入れて
  3. 実際にファームウェアアップグレード


必要ソフトウェア

まず、事前準備として以下をダウンロードしておきます。

ソフトウェア 用途 ダウンロード
HP USB Disk Storage Format Tool - v2.1.8 DOSブート用ファイルをUSBメモリに書きこむ ダウンロード
FreeDOS 1.0 Floppy(fdboot.img) DOSブートに必要なカーネルが入っている ダウンロード
DiskExplorer fdboot.imgから必要なカーネルファイルを取り出す ダウンロード
ファームウェア 3ware 9650SE- 2LP/4LPML/8LPML/ 12ML/16ML用 ダウンロード


fdboot.imgからカーネルファイルなどを取り出す

DiskExplorerを使って、fdboot.imgからカーネルファイルなどを取り出します。

事前に保存したfdboot.imgを開く



『一般ディスクイメージ』として開く



必要ファイルのみ指定する


ここで必要となるのは、

  • KERNEL.SYS
  • COMMAND.COM

の2つのみです。

『取り出して保存』で保存



適当に『boot』みたいなフォルダに保存


フォルダ名は任意の名前でOKです。
ファイル名は『(自動)』のままでOKです。

上記で取り出したカーネルファイルをUSBメモリに書き込む

『HP USB Disk Storage Format Tool』を使って書き込みます。

  1. 『Device』はUBBメモリのドライブを指定
  2. 『File system』はFATを指定
  3. 『Create a DOS startup disk』をチェック
  4. 『using DOS system files located at:』は先程取り出したカーネルファイルが保存されているフォルダを指定
  5. 『Start』をクリック


ファームウェアをUSBメモリに保存

USBメモリのドライブをエクスプローラで開き、
ここでも任意のフォルダ名『lsi』フォルダを作成し、
ここにファームウェアファイルの

  • flash.exe
  • prom0006.img
  • upgrade.bat

の3ファイルを保存しておきます。

いよいよファームウェアアップグレード

USBメモリをサーバーに差してUSBブートさせます。

BIOS USBブート



アップグレード前のファームウェアバージョンの確認

BIOS BE9X 4.08.00.001
Firmware FE9X 4.08.00.006


手順1


空エンター

手順2


空エンター

手順3


プロンプトが出ることを確認します。

手順4


『dir』コマンドを打ってファームウェアを保存した『lsi』ディレクトリが見えるか確認します。

手順5


『cd lsi』を打ってファームウェアを保存した『lsi』ディレクトリへ移動します。

手順6


ここでも『dir』を打ってファームウェアのファイルが見えるか確認します。

手順7

flash /f prom0006.img

上記コマンドでファームウェアアップグレードを実行します。

手順8


確認画面が表示されるので、『y』を選択します。

手順9


現在のファームウェアのバージョンが表示されます。
再度確認の画面が表示されるので、『y』を選択します。

手順10


ファームウェアアップグレード実行中

手順11


まだ実行中

手順12


ファームウェアアップグレード後のバージョンが表示されます。
無事完了したのでサーバーを一度停止させ、
USBメモリを抜いてサーバーを起動させます。

アップグレード後のファームウェアバージョンの確認


ファームウェアアップグレード後、
バージョンが上がっていることが確認出来ました。



アップグレード前

BIOS BE9X 4.08.00.001
Firmware FE9X 4.08.00.006


アップグレード後

BIOS BE9X 4.08.00.002
Firmware FE9X 4.10.00.007


その後

その後OSは無事起動し、中のデータも問題ありませんでした。
今回は

  • 3ware 9650SE-12ML

のアップグレードを例にしていますが、
他にも

  • 3ware 9650SE-2LP
  • 3ware 9750-16i4e

でも同様の手順でアップグレードが出来ました。